スポンサードリンク

2008年11月09日

なにわ一水 松江しんじ湖温泉

宍道湖のほとりにある旅館 なにわ一水。
宍道湖に沈む夕日の美しさがとても評判が高く有名ですね。
当然ここへ訪れる人もそれを期待しているわけです。
なにわ一水 は天気さえ良ければ、本当に幻想的な夕陽を見ることができます。

部屋も和室、和洋室などあるようですが、出来れば露天風呂付客室で泊まりたいですね。
誰に気兼ねすることなく露天ぶろにつかりながら夕日を眺めるのは最高の贅沢です。
お湯というか温泉に関しては、もともと温泉地ですから良くて当然です。

食事はもともとなにわ一水は老舗の料亭を営んでいるので料理はおいしいです。
食事は館外の なにわ本店でいただきました。
しまね和牛や日本海の新鮮な海の幸がでてきて、とても美味しいです。

スタッフの方たちの対応も気持ちよく、口コミでつたわっていた泊る部屋によって接客の態度が変わるなんてことがありましたが、そんなことは全く感じませんでした。

ちなみに露天風呂のプランだと、2名一室で1名あたり25000円くらいでした。
部屋に露天風呂が付いていることを考えるとこんなものでしょうか。
部屋に露天風呂があると本当に部屋から出ることがなかったです。。。

なにわ一水の住所は島根県松江市千鳥町63で、電話番号が0852-21-4132です。
ここへ行くには、車だと高速道路山陰道を松江西ランプで降りて約10分くらいで到着します。
電車ならJR松江駅からタクシーで行くか、松江しんじ湖温泉駅までいって歩くかのどちらかになるはずです。

なにわ一水の周辺(近く)の施設をあげておきますので参考にしてください。
島根県庁、松江城、松江イングリッシュガーデン、企業だとナカバヤシ松江工場なんかがあります。

ともかくなにわ一水 から見た宍道湖の夕暮れは忘れることはないでしょう。
posted by ホテルも旅館も at 02:19| 旅館・ホテルでのんびり